XS2 (XS650E) レストア記 1

ずっと探していたXS

XS1とXS2両方手に入れるつもりですがまずXS2が手に入ったのでレストアの記録

オリジナルで残っていればどれだけ朽ちていようが構いません

遠く宮城県から昭和50年代に車検が切れたXS2がやってきました

IMG_9518

IMG_9519

 

 

 

【フロントブレーキ】

初めて握った時からスカスカでマスターは押された状態でピストンが固着しているようです

しかしキャリパーの固着はありません

動かす時にブレーキが効かないのが不便なのでまずここからレストアすることにします

マスターシリンダーをチェックします

気持ち悪さを超えて何かもうおいしそうです

IMG_9572

IMG_9615

 

 

傷が付かないように油を入れながらプレスでピストンを抜きます

IMG_9619

IMG_9623

 

 

 

キャリパーはホースを外してから

下部のパイプの固着が激しく動きません

パーツが出る事を確認し長めのボルトを溶接してから緩めました

IMG_9625

IMG_9627

 

 

キャリパーを分解していきますがピストンは全く動かず

一度他のマスターとホースでラインを作り油圧でゆっくり動かして取り出します

エアブリーダーは完全に固着しており大き目のナットを溶接して外しました

ちなみにキャリパーは鉄でできており1500gありました

IMG_9634

IMG_9638

 

IMG_9630

IMG_9639

 

 

エアブリーダーはなにも考えずに溶接し取りました

しかしこのキャリパーのエアブリーダーはM8のP1.0と非常に特殊で代用品が見つかりません

ほとんどはM10P1.0(ブレンボなど)M8P1.25(スミトモ、ニッシンなど)なのです

このキャリパーはスミトモ製なのですが・・・

そこで先ほど溶接したエアブリーダーを綺麗にナット部分を取り、他の適当な頭の部分を用意します

そして・・・溶接

ねじ山を潰さぬよう、内部を埋めぬよう、締め付けトルクに耐えれるように・・・

IMG_9646

IMG_9650

 

 

ホースも固体化したフルードが詰まっており丁寧に掃除します

曲がったレバーもプレスで形を整えます

IMG_9641

IMG_9642

 

 

レバーは研磨、ボディはブラストしパウダーコートします

ほとんどの部品は出ないので再利用します

IMG_9629

 

完成

IMG_9645

 

 

 

 

 

 

【点火のチェック】

とりあえずボロいけどエンジンはかかる・・・なんて夢叶うはずがありません

圧縮はあるようなので一度始動して状態をチェックしたい

火花チェック・・・・飛びません

というわけで点火系部品の交換、調整を行います

IMG_9612

 

 

XSはポイント点火です

メンテナンスは少々面倒ですが個人的に好きな点火です

このコンタクトブレーカーの反対側には機械式の遠心進角ガバナーがあります

IMG_9708

 

 

コンデンサーは恐らく壊れているだろうと点検するが予想通り電気を吸い込みません

とりあえずポイントとコンデンサーで火花は飛びそうです

IMG_9707

IMG_9706

 

 

エンジン始動の前に豆球テスターでなんとなくタイミングを合わせておきます

IMG_9705

始動したいところですが

旧車の要が残っていました・・・

 

 

【キャブレター】

IMG_9606

 

 

ミクニソレックスキャブレター

ミクニがフランスのソレックス社と技術提携を結び生産されたこのキャブレターはXSの絶版部品の中でもかなり重要な位置づけとなります

OHしたらいいじゃん?と思うかもしれませんがボディも消耗品です

状態の良いボディがこれからのXSライフを左右するといっても過言ではありません

 

まず取り外し

IMG_9652

IMG_9659

 

 

分解します

嬉しい事にガソリンは抜かれており腐食も少なめです

ちなみに部品は出ますが例えばダイヤフラムは1つ3万円します・・・

破れていませんように

IMG_9665

 

 

固着も少なく全て取り外せました

超音波洗浄します

IMG_9670

 

 

ピカピカになりました

組み立てます

ちなみに真鍮のフロートは1つ6000円です

これは当時のままですが綺麗な状態でした

IMG_9674

 

 

メインジェットはどこ?スローは?と思う方もいるかもしれません

ソレックスはボディにジェットが付きません

スローはここ

IMG_9675

 

メインはここ

IMG_9676

 

 

 

1つ1つ通路のつまりをチェックしながら組み立てます

IMG_9680

IMG_9681

 

 

 

車体に取り付ける前にマニホールドのカバーをガンコート

マニホールドにはミクニの文字が・・・

IMG_9684

 

 

エアクリーナーボックスは

IMG_9651

 

 

ブラストして

IMG_9678

 

 

パウダーコートです

IMG_9689

 

 

エレメントを新品にしてキャブと同時に取り付けます

で完成

IMG_9696

 

 

 

さてこれでやっとエンジン始動できます

カスカスのヘッドにオイルをたっぷり送り準備をします

30数年ぶりに火が入るわけです

チョークを引き・・・力任せにキックします

 

1回のキックでエンジンかかりました・・・うーむ少し感動です

このバイクが永い眠りから目覚めたわけです

 

変な音や煙が出ない事を確認しキャブレターの最終調整です

高回転、全開での調整は今はできませんので省きます

全閉時の混合気の調整などを行います

 

そして点火時期の調整です

タイミングライトでしっかり合わせておきます

ポイントギャップ0.4だとプレートを大幅に回さないと点火が遅いので0.5で合わせます

 

しっかり点火を合わせないと不調の時に原因が分からなくなります

これのせいでキャブをいくら調整しても調子が出ない事もあります

進角ガバナーの動きも確認します

3500回転で最大進角になる事を確認し終了します

IMG_9719

レストア記 2