SR400 レストア&カスタム その6【完成編】

この連載は今回で最終回となります。

 

すぐに化けの皮が剥がれるような仕上げはレストアとは言いません。

いつまでも手入れをしたくなるような、出かけたくなるような、そんな仕上げを目指してレストアしてあります。

 

それではまたどこかでお会いしましょう。

 

 

 

イモビ付きのSRは配線が多いため処理が大変です。

できるだけスッキリするように加工しました。

 

 

 

 

フレームやエンジンは腐食が激しかった為、最も処理に時間がかかりました。

ブラストメディアを使い分け、腐食跡が目立たないようにパウダーコート、セラコートを使い分けました。

 

 

 

 

見た目だけではなく安心して乗っていただけるように、SR専門店の知識を生かして整備しながら組み立てました。

バイクは乗って楽しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR400 レストア&カスタム その5【小物編】【組立編】

今回は小物の仕上げと組立の作業を紹介します。

 

 

この部品を綺麗にしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキ関係は下地処理をした後、セラコート、パウダーコート。

その後OHして組み立てます。

 

 

 

 

 

ステム。

 

 

 

フロントフォーク。

見た目だけでなく中も丁寧に整備して組み立てます。

 

 

 

タンクペイント。

 

 

 

 

いよいよ組み立てます。

 

 

 

配線処理が最後の砦です。

ハンドルをフライスで加工。

中に通しながら少しずつ進めます。

 

 

 

次回は最終回【お披露目編】です。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR400 レストア&カスタム その4【エンジン編】

今回はエンジンです。

OHと塗装を行います。

 

SRはディスクブレーキのモデルの途中からエンジンの塗装方法が変わりました。

初期型、ドラム型、ディスクブレーキモデルの初期型はシリンダーヘッドカバーやシリンダーに塗装はされていなかったのですが、このSRの年式の頃から塗装されるようになりました。

塗装されている部分の色味もややメタリックシルバーになり、雰囲気が随分と変わったのです。

エンジンが錆びやすくなったのもこの年式くらいからで一度錆が発生すると最後、錆と塗膜の剥がれでボロボロになります。

 

SRは年式によって良くなったところ悪くなったところ様々です。

新しければ良いというわけではありません。

かといってありがちな【昔はよかった】というわけでもないのです。

この両面を知ることでSRの更なる深い世界にハマる事間違いなしです。

 

 

分解したエンジンです。

 

 

 

 

ブラストで錆を落とします。

 

 

 

セラコート、パウダーコートでブラックにします。

 

 

 

 

組み立てます。

 

 

 

シリンダーヘッドはフィン研ぎ仕様です。

 

 

 

全体の仕上がりはまたフレームに積んだ時に紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2