PAINT

ペイントと言っても様々な種類があります。

ホームセンターで売っているような缶スプレーもペイントの種類の1つと言えるでしょう。

ここではプロが扱う専門的な塗装方法を紹介します。

主に以下の5種類です。

 

・ウレタンペイント

・パウダーコート

・セラコート

・ガンコート

・リンクル(結晶塗装)

 


 

ウレタンペイント

SR400 ウレタンペイント

この塗料は主にタンクペイントや外装のペイントで使用します。

バイクを見た時に、鮮やかに目に入るカラーリングがこのウレタンペイントです。

様々な色があり、塗装でマークを入れたり、ラインを引いたりと自由度が高いことが特徴となります。

タンクペイントのページ

 


 

パウダーコート

SR400 パウダーコート

粉体塗装と呼ぶこともあるこの塗料ですが、他の塗料との決定的な違いは、まず塗料そのものの見た目です。

他の塗料は液体であるのに対しパウダーコートの塗料は粉体です。

ウレタンペイント同様に様々な色がありますが、細かい作業が難しいために、マークやライン引きは難しいです。

塗膜はやわらかく密着度が高いために、剥がれにくいです。

パウダーコートのページ

 


 

セラコート

SR400 セラコート

セラミックを含んだ特殊な塗料によるコーティングで、 その強靭な皮膜は摩擦に強く、耐熱性や耐腐食性も高いのが特徴です。

様々な色がありますが、焼き付けることと、塗膜が非常に薄いためタンクなどの外装には向きません。

塗膜は非常に硬くなりますが、しなやかさも持っています。

セラコートのページ

 


 

ガンコート

SR400 ガンコート

 

セラコート同様に硬度は高いですが、塗装膜は、非常に薄い塗料です。摩擦に強く、耐熱性や耐腐食性も高いのが特徴です。

塗膜は非常に硬いですがしなやかさはあまりありません。

セラコートと比べると安価です。

ガンコートのページ

 


 

リンクル(結晶塗装)

SR400 リンクル(結晶塗装)

この塗料の一番の特徴は仕上がりの見た目です。

ちぢみ塗装とも呼ばれるこの塗料は乾燥時に独特の模様を形成します。

ワンポイントとして様々なバイクや車などで使用されています。

リンクルのページ

 


 

特徴を表にまとめるとこのようになります。

色の多さ デザイン性 耐傷性 耐候性 耐溶剤性 耐熱性 塗膜の厚さ しなやかさ
ウレタンペイント ×
パウダーコート × ×
セラコート ×
ガンコート × ×
結晶塗装

※結晶塗装は詳細ページで触れていますが2種類あります。パウダーコートの結晶塗装に関してはパウダーコートの特性になります。

 

特徴は実際に塗装して検証した当店独自の結果です。

独自の検証が可能なのは、これらすべての塗装を当店が行っているからです。

検証実験をブログでも公開しています。

「塗装実験と検証」の記事もご覧ください。

 

「塗り」「取り付け」「使用」全てを同一人物が行うことにより、正確な判断ができると考えています。

 

検証が確定していないものもあります。

検証結果が変わった場合はこの表を書き換えます。

 

これらの塗料を使い分けることによって、いつまでも美しい長持ちするバイクを製作することが可能です。

例えばエンジン塗装ですが様々な塗料を使い分けて塗ることができます。

エンジン塗装のページ

 

他にはフレーム塗装があります。

フレーム塗装のページ

 

各ページでは、もう少し詳しく、参考画像を載せて紹介したいと思います。

 

塗装ついてご不明な点や質問等ございましたら

075-393-4772までお願いいたします。

またはsr400☆presto-c-c.jp

☆を@に変えて送信してください。