※重要※ 新型コロナウイルス感染症における当店の営業について

 

 

新型コロナウイルス感染症の影響を鑑みて、当店では当面以下のように営業いたします。

ご理解ご協力お願いいたします。

 

 

・ご来店は全て予約制となります。前もってお電話にてご来店日時をお知らせください。

他のお客様と重なる場合など、時間をずらしていただく場合もあります。

 

 

・作業中は店内でお待ちいただいてももちろん構いません作業完了後は他のお客様のこともありますのでご配慮をお願いいたします。

 

・マスクの着用をお願いいたします。

 

ご迷惑とご不便をおかけします。ご協力お願いいたします。

 

この内容は常連のお客様、新しいお客様、全てのお客様に対するお願いです。

もしもの時、接触者を一人でも減らすためにご協力をお願いいたします。

 

 

SR400F.I 最終型 スクランブラーへの道 後編

少し前にこのようなカスタムを紹介しました。

SR400F.I 最終型 スクランブラーへの道 前編

 

 

今回はこの続きになります。

前編後編とすると今回で完結するようですがカスタムはまだ終わりません。

また紹介できる日がありましたらその時に記事にしたいと思います。

 

 

タイヤの交換をします。

 

 

 

フロントフォークをパウダーコートします。

 

 

 

少し車高を変更するためにジョイントを製作します。

 

 

 

これだけでずいぶん変わります。

 

 

フェンダーはステンレスですがこれもパウダーコートでブラックにします。

 

 

 

マフラーが当たりますのでステーを作り直しました。

その後セラコート仕上げです。

 

 

車高は高いですが乗りやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR500 エンジンOH

今回はSR500のエンジンのOHを紹介します。

少し前の記事で【SR400 エンジンのOHと塗装 其ノ一】を紹介しましたが、続きの前にこちらを紹介します。

 

 

スタートはウレタンでこってり塗られたクランクケースの塗装剥離と下地の処理からです。

 

 

 

剥離後ブラストで処理し、ガンコート仕上げです。

 

 

 

今回問題となったのはピストンのスラップ音です。

焼き付きを起こしピストン寸法が変わったことによるものです。

 

 

こうなるとスリーブも使用することができません。

ボーリングすることはいくらでも可能ですが、もとに戻すことはできないためスリーブも製作します。

 

 

クランクもOHします。

組立後しっかりと芯出しも行います。

 

 

 

クランクケースにベアリングを丁寧に圧入します。

 

 

 

 

ミッションは一部摩耗した部品を交換、その後ケースに組み立てます。

 

 

新しくなったスリーブ。

 

 

 

超音波洗浄します。

 

 

 

ピストンも新品です。

 

 

 

ピストンクリップを取り付ける時ピストンに傷が入るのを防ぐ目的でサークリップをバフ研磨します。

丸くなっているのわかります・・・?

 

 

 

ピストン、シリンダーを取り付け、新しいスタッドを取り付けます。

 

 

 

 

綺麗にシートカットされたバルブシート。

バルブを研磨し取り付けます。

 

 

 

付いていたのは初期型のエンジンにワッシャー付きの新しいタイプのロッカーアームとカムシャフト。

少し違和感がありましたので初期型に戻します。

 

 

ここまでくるとあと少し

 

 

 

 

クラッチなどを取り付けて完成です。

 

 

 

 

エア抜き後始動します。

慣らし運転頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3 374