2022年※必ずお読みください※ 新型コロナウイルス感染症における当店の営業について

2022年7月更新

 

新型コロナウイルス感染症の影響を鑑みて、当店では当面以下のように営業いたします。

ご理解ご協力お願いいたします。

 

 

・ご来店は全て予約制となります。前もってお電話にてご来店日時をお知らせください。

他のお客様と重なる場合など、時間をずらしていただく場合もあります。

 

 

・作業中は店内でお待ちいただいてももちろん構いません作業完了後は他のお客様のこともありますのでご配慮をお願いいたします。

 

・マスクの着用をお願いいたします。

 

ご迷惑とご不便をおかけします。ご協力お願いいたします。

 

この内容は常連のお客様、新しいお客様、全てのお客様に対するお願いです。

もしもの時、接触者を一人でも減らすためにご協力をお願いいたします。

 

 

SR400F.Iのループフレーム加工とシート交換

今回はインジェクションモデルのSR400のループフレーム加工とシート交換作業を紹介します。

 

 

タンデムバーやサイドバッグのサポートバーが取り付けできるようにループフレームを加工します。

シートはキャブレターモデル用を使用します。

 

 

 

 

旋盤とフライスを使ってシートがいい位置にくる部品を製作。

 

 

 

 

 

元々使用していたフェンダーを加工し取り付け。

 

 

自然な感じに仕上がりました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR500 エンジン塗装(純正仕様)

今回はいつも紹介するエンジンの中のことではなく、外観のことを紹介したいと思います。

カスタム車ではブラック仕様の人気が高いですが、ノーマル車にとても人気なのが今回紹介する仕様になります。

 

 

ドラム型SR500のエンジン。(仕上げたもの)

Beforeの写真を忘れてしまいました・・・。

それなりに腐食が進行していたエンジンです。

 

 

SR400、SR500ドラム型エンジンの場合、純正のエンジン各部品の仕上げは以下のようになります。

1 シリンダーヘッドカバー アルミ素地

2 シリンダーヘッド シルバー塗装

3 シリンダー アルミ素地

4 クランクケース シルバー塗装

5 クランクケースカバー 研磨後クリヤ仕上げ

6 ストレーナーカバー アルミ素地

7 タペット、カムチェーンテンショナー、インジケーターカバー 研磨後クリヤ仕上げ

 

当店で純正風に仕上げる場合、基本このままの仕様になります。

 

 

シリンダーヘッドカバーはウエットブラストで仕上げます。

この時にメディアを2種類使い分けます。

粗で錆を落とし、細で光沢を出します。

 

 

 

シリンダーヘッドは塗装仕上げです。

これは同じくウエットブラストで下地を作った後、焼き付け塗料で約150分高温で焼き付けます。

 

 

 

シリンダーはヘッドカバーと同じウエットブラストの仕上げとなります。

 

 

 

クランクケースはシリンダーヘッドと同じ焼き付けの塗料で仕上げます。

 

 

 

クランクケースカバーはウエットブラストで錆を落とした後、研磨し洗浄します。

その後パウダーコートのクリヤで仕上げます。

研磨の状態のままだと磨き続けないと曇ったり錆が発生します。

ウレタンのクリヤでは密着が悪く、いい結果になりません。

腐食具合により仕上げが変わりますのでいつもとても苦労します・・・。

 

 

 

塗装も手間がかかりますがウエットブラスト処理をした時の残留メディアの清掃も非常に手間がかかります。

 

以上純正仕様のエンジン塗装の紹介でした。

見違えますのでお勧めの作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3 393