1978 SR500 フルレストア日記 vol.6

※概要※

【SR500 フルレストア日記】と題して、北米から帰国した不動なSR500を再生させたいと思います。

この連載ではレストアとはどのような作業なのかお見せしたいと思います。

 

 

 

前回のエンジンの続きとなります。

腰下も組み終わり、いよいよ腰上を組みたいと思います。

 

ピストンはリング、ピンなどを交換し使用します。

 

 

 

シリンダーはホーニングをして取り付けます。

錆をブラストで落とし、レストアらしく綺麗になってもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダーヘッド。

シリンダーヘッドは純正の状態で塗装がされています。

その塗装が剥がれ錆が出ていますので、塗装の剥離と錆の除去、新しく塗装も行います。

 

 

ガンコート仕上げです。

 

 

初期型モデルは作りが荒々しくこれまで何回も怪我をしています。

処理することもありますが、このSRに関してはこれからも荒々しいまま生きてもらおうと思います。

 

 

 

バルブは腐食でボロボロでしたので交換しました。

シートカットや清掃を行い、当たり面を確認してから取り付けます。

 

 

 

 

綺麗な状態のカムシャフトはベアリングを交換しそのまま使用します。

 

 

 

シリンダーヘッドカバー。

ブラストで処理をし、シールやガスケットは全て交換します。

 

 

 

 

 

組み上がりました。

特徴的なカムチェーンのテンショナーカバーも低圧のブラストで綺麗にしてから取り付けます。

 

 

 

 

すぐに車体にのせたいところではありますが、まだ時間がかかりそうです。

しばらくの間スタンドで保管します。

 

最後に中も外観も綺麗になったエンジンを見ていただこうと思います。

 

これでエンジン編はおしまいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1978 SR500 フルレストア日記 vol.5

※概要※

【SR500 フルレストア日記】と題して、北米から帰国した不動なSR500を再生させたいと思います。

この連載ではレストアとはどのような作業なのかお見せしたいと思います。

 

 

 

今回はエンジンを組み立てたいと思います。

 

前回紹介したクランクシャフト。

少し重いクランクです。芯出ししてから取り付けます。

 

 

 

ケースにベアリングを圧入、ボルト穴をしっかりと清掃します。

 

 

 

 

ミッションは非常に良好でベアリング以外は全てそのまま使用します。

確認のために一度分解します。一度外したクリップは使用できませんので必ず新品を用意します。

 

 

 

クラッチも状態が良くそのままです。

シフト関係のスプリングは折損の可能性を考えて交換しています。

 

 

 

ジェネレーターの取り付け。

これもまた綺麗な状態で残っており、しっかりと点火することを願うばかりです。

 

 

 

純正の状態で点火タイミングを変えることができるようになっています。

これもまた輸出仕様の特徴のようです。

そういえば分解時、どこかに貼ってあったステッカーにBTDCの記載がありました。

始動時に調整したいと思います。

 

 

 

今回はここまでです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1978 SR500 フルレストア日記 vol.4

※概要※

【SR500 フルレストア日記】と題して、北米から帰国した不動なSR500を再生させたいと思います。

この連載ではレストアとはどのような作業なのかお見せしたいと思います。

 

 

今回大きな作業はありませんがちょっとした作業を紹介したいと思います。

 

エンジンのカバー類。

 

 

 

この深いタイプの錆は磨くだけでは落としきれません。

まず古いクリアを剥離してからウエットブラストで錆を落とします。

そのあと研磨します。

 

 

 

 

荒めのバフで鏡面になりすぎないように磨きます。

研磨後、洗浄を繰り返しパウダーコートのクリアで仕上げました。

 

 

 

リアサスペンション。

 

 

分解し清掃します。

 

 

 

スプリング表面は綺麗ですが裏は錆びています。

これはこのSRに限らず起こることです。

 

 

できるだけ錆を落とします。

 

 

ここで少し手間をかけて裏側のみパウダーコートします。

錆を落とした所はまた時間が経つと錆びてきます。

これを防ぐためです。

白くなっているのがパウダーコートのクリアです。

焼き付けることによって透明になります。

 

 

錆が少ないメッキはバフで仕上げます。

 

 

 

このモデルのスプリングは他のSRと比べて自由長が違います。(左のスプリングです。中と右は違うように見えますが同じです。)

1978年の特徴なのか、車体が重いからなのか、欧米人に合わせてあるのか理由はわかりません。

驚くほど硬いサスペンションです。

 

 

綺麗になりました。

 

 

組み立てて完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2