SR400F.I ハンドル交換とメーターステーの製作

 

今回のカスタムはSR400F.Iのハンドル交換です。

交換するついでにパウダーコートやメーターステーを製作してかっこよくカスタムしたいと思います。

 

 

トップブリッジ、ポストはツブツブブラック、メッキのワッシャーを半艶にパウダーコート。

 

 

 

メーターケースも半艶でパウダーコート。

 

 

ヘッドライトを低めにマウントしたいので、メーターも下げます。

メーターステーを製作しパウダーコート。

 

 

 

トップブリッジにメーターをマウントするためのカラーを製作します。

 

 

 

高年式のSRはキーシリンダーが大きいのでクリアランスをギリギリにしないとメーターが前に出てしまいます。

そこでカラーはセンターに穴をあけるのではなくて少しだけオフセットします。

フライスでオフセットした位置にズボっと。

旋盤同様カウンターが付いておりますので、とても楽です。

 

 

 

 

取り付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR400F.IのエンジンOHと塗装 其1

 

今回はSR400F.IのエンジンOHと塗装です。

距離的にはOHにはまだ早いかもしれませんが、軽量クランクを入れるのと塗装をしますので、そのついでのOHとなります。

距離が少ない、年式が新しいということでも必要な計測や点検を省くという理由にはなりませんので、しっかりと点検して組み立てていきたいと思います。

 

 

 

 

いつも通りに分解します。

分解した後は、しばらくそのままになりますので点検後は分けて保管します。

 

 

 

 

排気量はそのままでOHします。

計測の結果次第ではそのままピストンなどを使用するつもりでしたが規定値よりも随分と広かった為、スリーブを製作することになりました。

 

 

 

 

 

塗る部品を洗浄します。

 

 

塗る部品によってドライ、ウエットブラストを使い分けて下地を作ります。

 

まずセラコートから。

ヘッドはフィン研ぎ仕上げ。

 

 

 

クランクケースもセラコートです。

 

 

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR400 キャブレターペイントと配線、バイザーの製作も

 

今回のカスタムはキャブレターのセラコートと配線加工です。

小さなバイザーも製作します。

 

 

既製品のブラックキャブレターはアルマイト処理がされています。

ブラックと言うよりはガンメタです。

セラコートでブラックにした場合はしっかりとブラックになります。

 

 

 

ハンドルの配線加工ですが、バーハンドルでなくてもセパハンでも中通しができます。

セパハンでも外に配線があると結構目立ちますのでスッキリしたい方にはお勧めです。

 

 

このようにエンドから出してライトケースに収めます。

 

 

 

 

小さなバイザーの製作。

丸みのあるデザインがセパハンでも、アップハンドル仕様でもよく似合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3 342