SR400 足回りレストア セラコート×ウエットブラスト

 

2001年にディスクブレーキのSRが発売され、SRといえばドラムブレーキという時代が終わりました。

ドラムの最終型から20年、今でも根強い人気のドラムブレーキですが、年数が経てば状態が悪くなります。

ハブの面積は大きく、錆びると目立ちますので綺麗にしましょう、というのが今回のカスタムです。

 

ちなみにドラムブレーキは1985年から2000年までのSR400、SR500に採用されています。

よく言われる2型というSRがこのドラム型のSRです。

 

 

 

 

比較的綺麗なハブですが更に綺麗にしたいと思います。

同時に分解整備できるところがこの作業のお勧めポイントです。

 

 

 

ホイールは綺麗に見えますが、タイヤを外すとこのような感じです。

状態を知らない方も多いと思いますので、気になる方はタイヤ交換の時に聞いてみましょう。

 

 

 

外した部品は全てウエットブラスト。

 

 

綺麗な状態を保つためにセラコートのクリア加工をします。

 

 

 

仕上がりはこのようになります。

 

 

 

ベアリング、オイルシールは全て新品に。

メーターギアも分解し、組み直します。

 

 

よく錆びるこの部品は・・・。

 

 

パウダーコートします。

 

 

 

先ほどのホイールですが、まずウエットブラスト。

錆が落ち、下地の状態がよくわかるようになります。

 

 

 

パウダーコートを吹き付けたところです。

リムの内側にのみ吹き付けてありますのでタイヤを付けると見えません。

見えない部分の処理がレストアの全てだと思っています。

 

 

仕上がりはこのようになります。

 

 

 

今回はステンレススポークで組み立てます。

 

 

で、こんな感じになりました。

と言いたいところですが写真を忘れました。

・・・。

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

クロスカブ 足回りパウダーコートなど

 

今回はSRではありません。

クロスカブです。

似たような作業ですので紹介したいと思います。

ゼファーのキャリパーも塗りました。

後述します。

 

 

ノーマルのホイールが送られてきました。

 

 

 

早速ですがバラバラにします。

 

 

スチールホイールはすぐに錆びてきます。

パンクの元凶となるわけです。

 

 

 

ハブやドラムパネルをサンドブラストとウエットブラストを使い分け下地処理します。

ツブツブブラックでパウダーコート。

 

 

 

スポークもパウダーコートします。

 

 

 

ブラックのアルミリムを使用し組み立てます。

 

 

 

タイヤはお洒落なブロックパターン。

完成しました。

 

 

 

ゼファー750のキャリパーはセラコートです。

腐食もありましたので中はウエットブラストで処理してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR400SP マスターとキャリパーのOH

 

今回はSR400SPのマスターシリンダーとブレーキキャリパーのOHです。

現行のモデルと全く違うブレーキですので、手間や金額がそれなりにかかります。

同じSRですが旧車をレストアすると考えた方がいいでしょう。

初期型ディスクと呼ばれるモデルは1984年までとなりますが、その中で1982年以前はマスターシリンダーの形状が違います。

当然手に入らない部品で、マスタータンクが樹脂製ですので修理にも気を使わなければいけません。

 

1979年SR400SP

 

 

 

マスターシリンダー、ブレーキキャリパー分解したところです。

 

 

 

シールキットは部品が出ますので全て交換。

問題は本体の腐食、出ない部品の腐食です。

 

 

キャリパーボディは細かいメディアでウエットブラストします。

ここはピストンが入りますので錆をそのままにすることはできません。

 

 

錆びたピストンはバフ研磨します。

錆びていますので研磨しても多少巣が残り、100点の仕上がりにはなりません。

そのまま組めば40点、研磨して組めば70点、できる範囲で一番いい選択をするしかありません。

 

 

キャリパーシールとピストンの錆が重ならないように、パッドの厚みを調整します。

 

 

 

マスターシリンダーのダイヤフラムのカバーはブラストで錆をできるだけ落とします。

 

 

ブレーキフルードに侵されないセラコートで仕上げます。

 

 

 

できあがりました。

長持ちしますように。

この先は祈ることしかできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3 339