チタンマフラーの取り付けとセッティング

 

 

今回はSR400に当店のチタンマフラーを取り付けて、セッティングをします。

チタンマフラーについてはこちらから。

FCRキャブレターが元々装着されていますので、OHした後にセッティングを出したいと思います。

 

 

サイレンサーはグラデーションチタン。

エンドはカーボンエンドです。

スラッシュタイプと少しだけ音が違います。

非常に綺麗なマフラーですので装着する時に気を使います。

 

 

まず過去のデータから大体セッティングを合わせます。

その後、試乗します。

その時に何となく、ここからのオープンはちょっとモッサリしてるなあ、とか軽く吹け上がるけどトルク感がないなあ・・・とか記憶しておきます。

 

ここから計測します。

試乗した後に空燃比を測ることで、体感とデータの違いを確認したり、予想通りの答えに喜んだりするわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空燃比グラフです。

数字がないのでわかりにくいかと思いますが、赤い点線が約13:1でもっともパワーが出ると言われている空燃比になります。

これは何もしていない時に測りました。

とってもリーンな(薄い)状態です。

 

 

ここからメインジェットだけではなく、ニードルの形状も変更していきます。

 

 

当然ですが赤い点線のパワー空燃比に近づくほどに馬力も上がっていきます。

最終的に更にそれよりも少し濃い状態にしました。

全てのバイクで13:1に合わせるわけではありません。

 

 

パワーグラフです。

セッティング前と比べて約6馬力変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

2 comments

  • CB400SS用ありますか?幾らですか?

    • 堤 雄司様
      ありがとうございます。
      申し訳ありませんがございません。
      よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください