軽量SR400F.Iレーサー製作記1

 

さて、タイトル通りですが軽量SR400F.Iレーサーを製作することにしました。

サーキットで速く走るには、そういうバイクを手に入れるのが最も近道だと思います。

しかしSRで製作し走ることにより、得るものがきっとあるはずだと信じて頑張りたいと思います。

コンセプトは軽く、安く、・・・それ以外は今思いつきません。

超高性能、超軽量な高級部品はあると思うのですが、それで遅いとカッコ悪いので、とりあえず使いません。

基本、純正流用です。

 

SRで気になるのはまず重さです。重量は175kg。

ちなみに最近お客さんが手に入れたWR250Xで134kg、CBR250RRで167kg。

カタログの最高出力はSRが27ps、WRが31ps、CBR250RRは38ps。

現実を知ってからスタートです。

 

不要なものは全て外し、軽く作り直せるものはそうします。

 

まずフルノーマルな車体をばらしTZRのフォークとXJRトップブリッジ、ボアエースさんのステムを取り付けます。

TZRフォークは41mmとSRよりも太いですが2本で約1.5kg軽くなります。

ボアエースさんのステムも軽いです。約800gの軽量化。

 

 

 

フォークは純正ベースで油面を少し上げてOHしました。

実際フルバンクしないとわかりませんので、とりあえずこれでいいです。

キャスターやトレールも後で計算しますが、突き出しもなしです。

ホイールもフォーク同様TZRの3.00-17

タイヤサイズは110サイズです。

3.50-17だと120サイズで60と70扁平が選べるので良かったのですが軽そうなホイールがなくてやめました。

このホイールは忘れましたが軽いです。

 

 

リアのホイールは4.00-17で探していて、とりあえずXJR400用でいいかなと、フロントと合わせてパウダーコートしました。

ハーフマットガンメタカラーです。とても素敵な色です。

・・・がしかし、

 

わかっていたけど重い!

 

 

純正流用っぽく3本キャストがいいので、他にも探してみると4.00-17はGSR250が見た目が軽そうでした。

早速手に入れて、量ります。

 

ベアリングやカラーが入ってもXJR400より軽いです。

しかしスプロケ側のハブが重たく結局変わりません。

ローターも重く、使いたくありません。

 

 

他にいけそうなのはスパーダのホイール。

写真で見ても明らかに軽そうです。スパーダの車両重量は153kgですので期待できます。

ローターも小径でいい感じです。

と、考えていたのですが急に4.50-17が欲しくなりTZRを手に入れて量ってみました。

 

 

ハブやローターを入れると他より1.5kg軽いです。

やはりTZRですか・・・。スポークも細くてかっこいいです。

というわけでホイールは決定しました。

ボロボロでしたので同じカラーでパウダーコートしました。

 

 

フロントのメーターギヤとカラーをジュラルミンで製作します。

ずっしり重いメーターギヤ。

 

 

 

まだまだ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください