CBR250RRの塗装など

 

SRはカスタムパーツが豊富ですので自分好みに仕上げることが簡単ですが、車種によっては難しい場合があります。

でも豊富とはいえ、ボルトオンパーツでは簡単に真似されるため、ワンオフなどされて皆さん苦労されているようです。

 

さて、今回はアフターパーツが少ないCBR250RRのカスタムです。

全体的にブラックの多い車両ですが、シルバー部分をかっこよく耐久性のある塗装でブラック化したいと思います。

 

 

塗る部品を外して下地処理をします。

 

 

 

スクリーンも塗りますので外します。

 

 

マフラーガードとステップは耐久性が求められます。

マフラーガードは熱があるので、耐熱がよさそうですがあくまでもガードであるため高温にはなりません。

ですので厚みのある擦れに強いパウダーコートを選びます。

 

 

 

ディスクローター、キャリパーは厚みのあるパウダーコートでは寸法変化があるのと、耐フルード性が求められるため100点の方法ではありません。

ここはセラコートのH型で処理をします。

塗膜が薄い為、寸法の変化が少ないことと、後のメンテナンスなどでフルードが付いた場合も塗膜が剥がれることがありません。

 

 

 

スクリーンですが材質が樹脂の為にパウダーコートやH型のセラコートのように焼くことができません。

通常ならウレタンを使用する場合が多いですが、艶を落とすこと、ある程度の耐久性が求められるためにC型のセラコートを使用します。

完全なフラットブラックではなく、鈍く光りますので高級感があります。

 

 

 

このようにすべてのパーツをフラットブラックで塗り、一見同じですが全く違う塗料を使用しています。

 

最後にブレンボマスターを取り付けました。

苦労しましたが加工して綺麗に取り付けることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

2 comments

  • はじめまして。
    同じくcbr250rrを所有してる者です。
    同じようなマットブラックのペイントの依頼を考えているんですが、価格と納期を教えて頂けないでしょうか。
    ペイント箇所はスイングアーム、ステップ、タンデムステップです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください