GB500TT ブレーキのOHと塗装

 

今回はGB500TTです。

ブレーキをOH、ついでに見た目も綺麗になってもらいましょう。

 

 

 

 

マスターシリンダー。

 

 

 

キャリパー。

 

 

 

 

マスターシリンダーは中も腐食していますので、ウェットブラストです。

 

 

 

マスター本体は耐フルード性が必要ですのでセラコート仕上げです。

その他はパウダーコート仕上げ、クラッチのホルダーやバーエンドなどもついでにパウダーコートしました。

見た目では違いがあまりわかりませんが全く違う塗料です。

 

 

 

見た目もいい感じですが中身もしっかりOHしましたのでブレーキタッチもよくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください