SR400から500へスープアップとOH 其1

 

今回のスープアップはこのような状態から始まります。

簡単に説明しますとシリンダーのスタッドボルトが1本が折損、もう1本は取れないといった状態です。

DSC09932

 

 

 

エンジンをおろした状態です。

DSC09935

 

 

 

このまま分解します。

これでやっとスタッド抜き作業にかかれます。

DSC09937

DSC09938

 

 

これで安心です。

どうしても錆びやすい場所ですので定期的に交換したい部品です。

取れなくなってからでは手遅れです。

DSC09945

 

 

 

なかなかやりがいのあるエンジンです。

見た目も中身もピカピカになって頂きましょう。

DSC09969

 

 

 

消耗したシリンダー。

ピカピカです。

当然ですがスリーブを入れ替えたりボーリングするわけなのでわざわざこれを計測することはただの手間でしかありません。

しかしこれを計測することに意味があります。

一体何万キロでシリンダーがどれだけ摩耗するのか、今までの蓄積したデータと違う場合、なぜなのか。

オイル管理や走行状態、メーターの改竄、色々わかるわけです。

例えばメータの距離が1万キロとして分解したときに推定5万キロのエンジンだったとしても私は伝えることはしません。

今からの作業を精一杯することが私の仕事だからです。

過去にケチ付けるのが私の仕事ではありません、第一建設的ではありません。

計測することの意味は私にとってデータの蓄積です。

 

でも聞かれたら答えますので気になる方は聞いてください。

DSC09943

 

 

 

さて外観もなかなかのエンジンですので綺麗にするために洗浄します。

これが本当に丸一日かかるんですよ・・・。

楽できる方法を教えてほしいです。

ブラストもありますので4回洗います

超音波もします。

DSC09942

DSC09967

DSC00001

 

 

 

腰下や一部腰上はパウダーコート仕上げ。

見違えます。

IMG_0010

IMG_0008

 

 

シリンダーはセラコート。

実際は写真より暗めのガンメタです。

IMG_0012

 

 

 

ヘッドも同じくです。

IMG_0013

 

 

 

ようやく組めます・・・。

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックのお知らせ

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください