SR400 初期型 キャブレターのOH

今回はキャブレターのOHを紹介します。

SR400初期型のキャブレターです。

SR500初期型のキャブレターもそうですが一番気になるのはボディの状態です。

 

 

よくあるのがパイロットスクリューの締め過ぎによる折損、ボディに詰まっていることがあります。

折れはしなくても穴の変形によりセッティングが出せなくなる場合もあります。

交換するだけのメインジェットの詰まりとかOリングの劣化とか正直どうでもよくて、ボディの状態が一番重要となります。

 

 

 

外す部品で気を遣うのがニードルジェットです。

叩くと簡単につぶれて広がってしまいボディに傷が入りますのでアルミの棒を使用してプレスで引き抜きます。

固着してる場合はプレスで押した時、先にアルミの棒が潰れますので変形のリスクを抑えることができます。

 

 

無事に取れました。

小さい部品ですが必ず交換しておきたい部品です。

 

 

 

キャブレターの分解や組み立てはPBのドライバーがお勧めです。

 

 

 

外観はウエットブラストで綺麗にします。

 

 

ウオーターガンや超音波などでメディアを取り除きます。

 

 

 

今回は一つ部品を製作します。

旋盤加工で小さな部品をつくります。

 

 

 

手の皮が剥けるほど回しにくいアイドリングスクリューを交換します。

そのために必要な部品です。

FCRのスクリューを流用しました。

軽々回ります。

 

 

 

ガスケットやOリングなどOHに必要な部品を交換し出来上がりました。

後は取り付けて調整します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

放置なSR500 【フロント編】

 

放置なSR500 【ブレーキ編】

の続きです。

放置なSR500 【ブレーキ編】

 

今回はフロントの足回り編です。

実はエンジンのOH(腰上)もしたのですが、写真を忘れており省略させていただきます。

 

 

 

フロントフォークからオイルが漏れていますのでOHからしたいと思います。

足回りはTZR250。

 

 

 

フロントフォークのOHだけでしたら記事にしないのですが、理由はこれです。

工具がかかりません。

 

 

これをフライスで直すのが一番時間がかかります。

 

 

 

サビサビの鋳鉄ローター。

 

 

サンスターの新品ディスクになりました。

タイヤはTT900GPに交換。

 

 

キャリパーは古いですがまだ使用できます。

しっかり整備したのでもう少し頑張って頂きましょう。

 

 

 

車検も終わり整備も終わりました。

10年間眠った状態でしたがこれでまだまだ走れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR400カフェ アルミのバフ研磨

 

今回のSRは少しヤレたスイッチボックスなどを交換するついでに、パウダーコートやアルミのバフがけをしました。

 

一見、綺麗なお洒落なカフェですが・・・。

 

 

 

アルミはどうしても錆びてしまいます。

このようにブツブツになると手ではなかなか綺麗になりません。

 

 

 

分解して磨きました。

・・・で、パウダーコートなどもしたのですが写真を忘れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3 23