SRでツーリングto伊勢鳥羽

伊勢、鳥羽に往って参りました

雨が降るとは分かっていたのですが都合上変更は難しいという理由と夜に降り始めるらしい予報を信じて出発しました

行き道途中、福中の友人でありプレストのお客様でもある方のパン屋さんに寄っていきました

5月22日オープンのまだ新しいお店です

RENCONTRE(ランコントル)というフランス語で出会いの意を持つ屋号でございます

城陽市にお立ち寄りの際は是非

私が食べたもの全てが美味しかった 開店早々お騒がせしました

さてツーリングの話に戻りますが二人共寒さを予想しかなり着込んでおりましたが暑過ぎて脱ぐ羽目に・・

私、実は汗かいてました

時間と共に厚くなる雲の層をチラチラ確認しながら伊勢に到着

修学旅行の時を思い出す為に色々見てみますが全く合致せず・・

流石旬のスポット、みーんな写真撮っていました(特に本店) 伊勢神宮前 伊勢うどん

さぁ満喫したし鳥羽に夫婦岩でも見に行くか・・・・って雨降ってきました

まだ二時過ぎなんですけどー

夫婦岩は意外に人も少なく普通に撮影して帰ってきました

修学旅行の時と何かが違う・・・そう、歳が

ここから撮影も出来ぬ程に雨が本降りになりドボドボになりながら京都に帰ってきました

総走行距離340km

カーカスが無ければタイヤはただのゴム風船

幸い大事には至らなかったのでネタにします

福中の通勤号VESPA PX200Eのタイヤがバーストしました

磨耗していなくても希にタイヤの限界を超えるようなショックがあると内部のカーカスが切れてしまいます

切れて弱くなった部分に高空気圧が一気にタイヤを広げます

それが↓

ププッ

まぁしかし高速走行中だったらと考えるとヒヤッとしますね

しかし凄い状態だ・・

SRタンクのカラーを考える

商品車のカラーを決めるとき万人に受けるようなデザインがもちろんいいのですが・・ねぇ

ただごく少数にしか受けない狂ったようなデザインもいかがかと思います

毎回悩む難しいところです

今回は初期型カラーデザインでラインをマーブライザーという塗装法で仕上げてみました

塗装は何回塗っても難しい

実際装着してみるとカフェに良く合う感じで格好よかったです

1 320 321 322 323