SR400から522へスープアップとOH 其1

 

 

今回のエンジンのチューンとオーバーホールはノーマル400から522のボア、ストロークアップを行います。

 

純正のブラックエンジンですので今回塗装はしません。

清掃を終えた写真の状態から始まります。

 

 

いつも通りですがネジ穴の清掃をします。

ネジロック剤が多いものや全くないものもあります。

個体差や年式によって違うようです。

これらを清掃して取り除いていきます。

 

 

 

ベアリングを圧入します。

クリップ付きのベアリングなどもありますので圧入具合が難しいです。

適当に圧入はできません。

ベアリングの動きを見るために一度グリスを清掃して取り付け、動きを確認してからグリスを注入しなおしています。

 

 

 

ミッションの見た目はとても綺麗です。

しかし見た目で何度か裏切られていますので、1速ギアを外してシャフトの確認をします。

このシャフトは見た目も中身も美しいようです。

 

 

 

いくつかクリップを外します。

再利用不可ですので必ず新品に交換しましょう。

もしかしたら再利用しても大丈夫かもしれません。

再利用して1%の確率で外れた時の修理代が10万円。

新品のクリップが1つ100円。外れる可能性は0%。

リスク計算が好きな人なら簡単だと思います。行動は明らかです。

ちなみに私は計算して行動するのは嫌いです。

 

 

状態はとてもいいと思います。

 

 

芯出しした新品のクランクを取り付けます。

 

 

ミッションの取り付け。

 

 

ここから腰上です。

組む前に気になる腐食したパーツを・・・。

 

 

ウェットブラストします。

 

 

ほとんど見えないんですけど気持ちがいいです。

 

 

今回はこの辺で。

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください