初期型SR400 エンジンOHと522スープアップ 其ノ弐

今回は昨年のこの記事・・・。

初期型SR400 エンジンOHと522スープアップ 其ノ壱

 

どうやら続きを書くことを忘れていたようです。

失礼しました。

では簡単ですが続きです。

 

 

腰下が組み上がり、シフトシャフトなどを組んだ後、腰上の作業に入ります。

 

 

 

ボーリングを終えたシリンダーを超音波洗浄します。

 

 

 

新しいスタッドボルトに新しいピストン。

ピストンはワイセコの89mm。

圧縮は高くありません。

といってもカタログで10.5:1です。

実測は10そこそこだったような気がします。

 

 

 

バルブとポートは研磨。

シートカット。

状態が良かったのでガイドは何もしていません。

 

 

 

新品のカムチェーンに新品のヨシムラのカム。

ここまでくればあと少し。

 

 

 

 

タペットのクリアランスは季節で変えています。

始動時に最終的な判断をします。

 

 

 

さて現在慣らし中でしょうか。

寒いですが頑張ってください。

 

 

SR500 エンジンOH

 

今回はSR500のエンジンOHです。

1978年から長い年月を走ってきたエンジンです。

しっかりとOHしてまだまだ頑張って頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

部品は分けてチェックします。

SRは見た目は変わりませんが部品は少しずつ変わっています。

いい意味で材質が変わったもの、コストカットされたもの、様々な部品があります。

そこであらゆる年式のいいところを使用した「ハイブリッドOH」でエンジンを組み立てます。

 

 

 

 

 

初期型の面白いところは例えばこのクランクケース。

番号の打ち替えがしてあり、消すのも適当。

今では考えにくいですが間違いなくオリジナルです。

これも年式によって様々な字体があり毎回必ずチェックします。

 

 

お決まりの作業ですが、ボルト穴の清掃。

正確なトルク管理には欠かせません。

 

 

ミッションのチェックはギヤも大切ですがシャフトも大切です。

摩耗や傷などをチェックします。

 

一部摩耗がありましたので交換します。

 

 

 

ケースにベアリングを圧入し、組み立てます。

 

 

綺麗な新品のピストン。

 

 

 

ターカロイ鋳鉄でスリーブの製作。

ボーリング後、超音波洗浄します。

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドはシートカットや研磨を行います。

 

 

 

 

コッターは新品。

バルブを組みヘッドをエンジンに組み付けます。

 

 

今回、カムシャフトに虫食いがあったので新品に交換します。

ロッカーアームも交換しました。

 

 

 

新品のキックインジケーターが眩しいです。

馴染むまでしばらく時間がかかりそうです。

 

 

オイルポンプは新品です。

シールを圧入し組み立てます。

クラッチを組んでいよいよ最後です。

 

 

 

 

 

始動の前にストレーナーを外して交換します。

 

 

 

見た目は当時そのままに、中はリフレッシュされて蘇りました。

預かった時には圧縮もなく不動でしたがこれでまた長く乗ることができると思います。

それでは慣らし頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR500から522 OHとスープアップ

 

今回はエンジンのOHとスープアップです。

メインは塗装ですが同時にOHとスープアップを行います。

 

 

クランクケースはセラコート。

 

 

シリンダー、ビッグフィン化されたシリンダーヘッドもセラコート。

 

 

フィンは削り出してバフ仕上げです。

 

 

カバー類は艶消しのブラックっぽいですが・・・。

 

 

 

よく見るとリンクルです。

リンクルには種類がありますがこれはパウダーコートのリンクルです。

 

 

ベアリングを圧入します。

 

 

ミッションとクランクの組み込み。

年式が新しく部品は綺麗ですが、一部摩耗がありましたので交換。

ミッションの部品が摩耗するとシフトが入りにくくなることがあります。

ここで問題なのはミッション側に問題がなくシフトに問題がある場合です。

ミッションの摩耗→シフトが入りにくい。

シフトが入りにくい→ミッションの摩耗。

このように実は因果が逆の場合があり要注意です。

日常の整備が大切になっていきます。

 

 

 

ピストンはワイセコを使います。

89mmの522ccです。

 

 

 

ボーリングしたシリンダー、ピストンはまとめて超音波で洗浄します。

 

 

ヘッドガスケットは積層タイプのガスケットを使用します。

純正もこのタイプです。

 

 

 

バルブ研磨、シートカット、ポートを清掃しヘッドを組み立てます。

 

 

カムシャフトはST1。

 

 

 

フレームにエンジンを載せた後、しっかりとエア抜きをしてから始動します。

これでおしまいです。

慣らし頑張って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3 31