SR400 エンジンのOHと塗装 其ノ二

少し前に紹介したエンジンのOHの続きです。

SR400 エンジンのOHと塗装 其ノ一

 

 

 

前回腰下を組みましたので今回は腰上を組み立てます。

ピストンは純正を使用します。

シリンダーの摩耗がありましたので新品の純正ピストンの最適なクリアランスでシリンダースリーブを製作します。

 

 

外観はセラコートブラック仕上げです。

 

 

 

シリンダーヘッドはシートカットや研磨、清掃をし組み立てます。

 

 

 

これもまた外観はセラコートブラック仕上げです。

フィンを研ぎバフ研磨しました。

 

 

カムシャフトはストックを使用します。

伸びの大きいカムチェーンは交換、ベアリングは当たり前ですが交換し組み立てます。

 

 

クラッチは摩耗や錆を確認し組み立てます。

 

 

 

 

フレームのパウダーコートの作業もありますので前回と同じくコロ付きのスタンドで移動してもらいます。

せっかくなので写真を撮ってみました。

 

【クランクケース】 ガンコート仕上げ

【腰上】 パウダーコート、セラコート仕上げ

【カバー類】バフ仕上げ

 

 

このエンジンの作業はこれで終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR500 エンジンOH

今回はSR500のエンジンのOHを紹介します。

少し前の記事で【SR400 エンジンのOHと塗装 其ノ一】を紹介しましたが、続きの前にこちらを紹介します。

 

 

スタートはウレタンでこってり塗られたクランクケースの塗装剥離と下地の処理からです。

 

 

 

剥離後ブラストで処理し、ガンコート仕上げです。

 

 

 

今回問題となったのはピストンのスラップ音です。

焼き付きを起こしピストン寸法が変わったことによるものです。

 

 

こうなるとスリーブも使用することができません。

ボーリングすることはいくらでも可能ですが、もとに戻すことはできないためスリーブも製作します。

 

 

クランクもOHします。

組立後しっかりと芯出しも行います。

 

 

 

クランクケースにベアリングを丁寧に圧入します。

 

 

 

 

ミッションは一部摩耗した部品を交換、その後ケースに組み立てます。

 

 

新しくなったスリーブ。

 

 

 

超音波洗浄します。

 

 

 

ピストンも新品です。

 

 

 

ピストンクリップを取り付ける時ピストンに傷が入るのを防ぐ目的でサークリップをバフ研磨します。

丸くなっているのわかります・・・?

 

 

 

ピストン、シリンダーを取り付け、新しいスタッドを取り付けます。

 

 

 

 

綺麗にシートカットされたバルブシート。

バルブを研磨し取り付けます。

 

 

 

付いていたのは初期型のエンジンにワッシャー付きの新しいタイプのロッカーアームとカムシャフト。

少し違和感がありましたので初期型に戻します。

 

 

ここまでくるとあと少し

 

 

 

 

クラッチなどを取り付けて完成です。

 

 

 

 

エア抜き後始動します。

慣らし運転頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR400 エンジンのOHと塗装 其ノ一

今回は長年乗ってこられたSR400のエンジンのOHです。

これからもまだまだ乗れるようにしっかりとOHしたいと思います。

 

 

分解した状態からスタートです。

状態から判断するとこのSRのエンジンはシビアコンディションに該当します。

このような状態になるとエンジンオイルのマメな交換やフラッシングでも綺麗にすることは難しくOHするしかありません。

乗り方やメンテナンスを少し見直していただくだけで大きく改善されますので納車時に説明したいと思います。

 

 

洗浄し下地処理をします。

 

 

ガンコート仕上げ。

 

 

 

ボルト穴はこのようにエアブローだけでは取りきれないモノが出てきますので専用の工具で掃除します。

 

 

クランクも分解し清掃、OHしてから組み立てます。

その後芯出しを行います。

 

 

 

綺麗になったケース内部にベアリングを圧入、クランクを組み込みます。

 

 

ミッションも分解が難しいほどに汚れており部品を交換しながら清掃します。

 

 

 

 

オイルポンプのシールを交換するよりも清掃が大変です。

 

 

 

コロ付きエンジン台が大活躍です。

腰上の関係で少し時間がかかりそうな場合は移動してもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3 33