SR500 腰上のOH

 

今回はSR500の腰上のOHです。

何やら異音がするということで腰上を分解。

 

カムシャフトが異常摩耗しており、ベアリングもガタガタです。

この時代のカムシャフトはこのトラブルが多いような気がします。

カムシャフトは昔のヨシムラのST2です。

 

 

 

今回カムシャフトは削り出しのST1へ、ピストンは輸出用の500ピストンに交換します。

圧縮は約9:1。

WPC、DLCを済ませた状態です。

 

 

スリーブを新たに製作。

 

 

 

一番古いタイプのシリンダーです。

 

 

 

先程のピストンなどと一緒に超音波洗浄します。

 

 

 

 

初期型のシリンダーヘッド。

 

 

 

 

ウェットブラストで清掃。

 

 

 

 

バルブシートカットとバルブ研磨。

ポートの清掃もします。

 

 

 

ヘッドはウェットブラスト仕上げではなく、セラコートしました。

ST2からST1に変更しましたのでバルブスプリングはノーマルに、カムチェーンやスプロケットなど部品は全て新品に交換しました。

 

 

 

赤いリンクルヘッドを取り付けて完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください