SR400から500へのスープアップとOH

 

今回のエンジンはノーマルの400ccから、ストロークアップで500ccへのスープアップです。

少々お疲れ気味のエンジンですので、しっかりOHして気持ちよく乗れるようにしたいと思います。

 

清掃後、ベアリングから取り付けます。

 

 

 

84mmストロークの新品クランクを組み付けます。

このSRはミッションの状態がよく、ベアリング以外はそのまますべて使用します。

 

 

 

 

ピストンは輸出用の500ピストンを使用します。

ボアが400と同じですので、スリーブを新たに製作、最小限の面研をしてあります。

超音波洗浄後、組み付けます。

 

 

スリーブは「ターカロイ鋳鉄」。

耐摩耗性に非常に優れた鋳鉄です。

ディーゼル車に使用されるターカロイ鋳鉄と同じものですので、どれだけ長く持つかがわかると思います。

 

 

 

シートカットやポートの清掃も行います。

 

 

バルブ研磨。

 

 

 

 

作業はとても時間がかかります。

慣れているのですが、省略するところがないからです。

 

 

 

 

後は、ヘッドを取り付けて、フレームにのせて、エア抜きして始動して終わりです。

エンジンは終わりですが、この車両には続きがありますのでまた次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください