SR500から600へスープアップとOH 其1

 

今回のエンジンOH、チューンはSR500から600へのボアアップとなります。

更にリフト量の大きい、作用角の広いカムシャフトを組み込み、正確な中心角を測定し、最適なタイミングでセットします。

 

分解後、準備をします。

下地処理後、ケースをセラコート仕上げ。

 

 

 

 

腰上も全てセラコートです。

 

 

 

大径ピストンですのでケースボーリング。

 

 

 

スリーブの厚みを確保します。

スリーブを厚くすればケースが薄くなり耐久性がどうなるのか。

ケースに余裕をもたせればスリーブが薄くなり耐久性がどうなるのか。

チューニングですから教科書がありません。

このトレードオフの関係をどうするのか。

 

 

 

 

ケースボーリングをするとOリングの溝がなくなります。

新たに溝をつくり大きなOリングを取り付けることができるようにします。

純正と同じ耐久性を確保します。

 

 

 

純正シリンダーに製作したターカロイ鋳鉄スリーブを入れ、準備が整いました。

組むのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください