SR500から600へスープアップとOH 其1

 

今回のエンジンOH、チューンはSR500から600へのボアアップとなります。

更にリフト量の大きい、作用角の広いカムシャフトを組み込み、正確な中心角を測定し、最適なタイミングでセットします。

 

分解後、準備をします。

下地処理後、ケースをセラコート仕上げ。

 

 

 

 

腰上も全てセラコートです。

 

 

 

大径ピストンですのでケースボーリング。

 

 

 

スリーブの厚みを確保します。

スリーブを厚くすればケースが薄くなり耐久性がどうなるのか。

ケースに余裕をもたせればスリーブが薄くなり耐久性がどうなるのか。

チューニングですから教科書がありません。

このトレードオフの関係をどうするのか。

 

 

 

 

ケースボーリングをするとOリングの溝がなくなります。

新たに溝をつくり大きなOリングを取り付けることができるようにします。

純正と同じ耐久性を確保します。

 

 

 

純正シリンダーに製作したターカロイ鋳鉄スリーブを入れ、準備が整いました。

組むのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR400からビッグフィン500へ、OHとスープアップ 其1

 

今回のエンジンはこのような状態からスタートです。

チャックボックスさんでビッグフィン加工して頂いたシリンダーヘッドがついています。

 

 

 

分解し、塗装する部品を洗浄します。

部品に合わせてサンドブラスト、ウェットブラストを使い分けて下地作りをします。

順番は、洗浄→ブラスト→洗浄→マスキング→塗装→洗浄となります。

 

 

 

 

クランクケースはセラコートです。

 

 

 

シリンダーはデイトナ製のビッグシリンダーを使用します。

これもセラコートです。

 

 

 

 

 

次回は組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR522スープアップとOH 其1

 

今回は534ccの状態で送られてきたエンジンをOH、塗装します。

少々お疲れ気味のエンジンに見た目も中身も綺麗になっていただきましょう。

 

チューンされたエンジンを分解することは楽しみがいっぱいです。

色々想像します。

 

 

色々点検した後、メニューを決めてまず塗装からです。

下地から作業します。

 

 

 

ウェットブラストで錆や塗装を剥離します。

 

 

 

 

今回はセラコートの限りなく黒に近いガンメタとブロンズで塗装します。

クランクケースは黒。

 

 

ヘッドカバーやオイルパン、クランクケースカバーなどはブロンズ。

光で色が変わるとてもかっこいいマットブロンズです。

 

 

 

 

 

 

組み立て前の準備です。

 

 

ネジ穴の掃除です。

色々出てきます。

 

 

ベアリング類の圧入。

 

 

新品クランクの芯出し。

 

 

ミッションの点検、傷の入ったシフトアームなどを交換します。

 

 

 

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3