放置なSR500 【ブレーキ編】

 

今回は、10年程放置されたSR500が再び走るまでの簡単な作業記録【ブレーキ編】です。

放置された車両については特有の部品劣化がありますので、楽しく乗れるように整備したいと思います。

 

 

まずは車両を引き取りに行った時から気になっていたブレーキの引きずりの修理からです。

あまり見ないキャリパーが付いており、OHするにも謎が多すぎます。

そこでブレーキキャリパーを交換することになりました。

 

 

 

ジュラルミンからサポートを製作します。

 

 

 

面出しをします。

ここで登場、自作フライカッター。

もう少しシャンクを長くすればよかったです。

次回の課題とします。

 

 

 

サポートの形にコンターで切り出します。

その後フライスで加工。

 

 

何回かフィッティングをします。

 

 

 

ローターの取り付けボルトがギリギリですので加工しました。

 

 

 

完成したのでパウダーコートでブラックにします。

 

 

 

タイヤも交換し、リア周りが終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください