XT600 エンジン腰上のOHと塗装 其1

SR400 エンジンペイント

 

珍しいXT600。

異国からお持ち帰りされたようです。

レストアのお手伝いをすることになりました。

まずエンジンの腰上をOHしたいと思います。

IMG_0612

 

 

 

このオートバイ知らない方も多いと思います。

エンジンはSRX600と型式は違いますが同じです。

SRX600は96×84で608ccに対しXT600は95×84で595cc

ストロークがSR500と同じ84mmなので排気量が馴染み深いです。

IMG_0617

 

 

 

SRが小さく感じるビッグボア。

シリンダーはピカピカ、リングもピカピカです。

元々黒かったであろうエンジンは見事にシルバーになっています。

IMG_0715

 

 

 

この部分欲しいと思う人、はーい。

IMG_0716

 

 

 

 

ピストンは0.5オーバーサイズが入っていました。

SRXの96mmを入れようと思ったのですが手に入りません。

ワイセコなどは色々種類がありますが、今回はあくまでもOHということで社外のピストンは使わないことにしました。

シートカットなどもしますのでヘッドも分解します。

IMG_0718

IMG_0720

 

 

 

 

スリーブは油がまわっています。

Oリングがあってもここからオイルが抜けることがSRX同様にありますので、スリーブは新たに製作します。

また組み立ての時にでも説明します。

IMG_0728

 

 

 

洗浄をして乾燥させます。

古いガスケットはマスキングに使用します。

IMG_0722

 

 

 

 

ブラストで下地をつくります。

IMG_0730

 

 

 

今回はセラコートです。

いい質感で見違えます。鈍く輝くブラックが何とも言えません。

IMG_0744

IMG_0745

IMG_0749

IMG_0747

 

 

 

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックのお知らせ

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください