SR400 フレーム加工とパウダーコートの続き

 

フレームができましたので組んでいきたいと思います。

 

その前に小物もパウダーコート、セラコートを済ませて準備します。

部品によって最適なコーティングを選びます。

IMG_0838

IMG_0933

 

 

 

SRは通常、鍵がトップブリッジから飛び出します。

フラットにするために簡単にステーを製作、キーシリンダーを潜り込ませます。

IMG_0937

 

 

潜らせることでハンドルロックが効かなくなります。

このようなカスタムでは大体がロック出来なくなりますので、フレームをパウダーコートする前にステーを移植溶接。

車検や出先のことを考えるとロックは必要だと思いますのでしっかり加工しました。

IMG_0939

 

 

 

キーシリンダーとトップブリッジがフラットになりました。

IMG_0938

 

 

 

カスタムしても工具箱を取り付けたいということでしたので、ステーを製作。

スカチューンして工具箱を取り付けると支えが無くなりますのでグラグラになります。

それを解消するためのステーです。

IMG_0946

 

 

 

 

SRあるあるですね。

まず通常見えませんが覗いた時に嬉しくなるカスタムです。

IMG_0959

 

 

 

このバッテリーケースを取り付けるために先程のステーが見えなくなります。

これもパウダーコートして雰囲気が随分と変わりました。

 

IMG_0962

 

 

 

この際ですから配線も綺麗にできるところはしてしまいます。

IMG_0963

 

 

 

 

 

タンクは古いですが当時の純正です。

クリア層を少し研いで新たにクリアを吹きなおします。

当時の新車のタンクより輝きます。

IMG_1060

 

 

 

 

サスペンションはIKONの初期型タイプ。

メッキとブラックのコントラストが美しいサスペンションです。

IMG_1056

 

 

 

 

先程のトップブリッジはこうなりました。

上には何も飛び出しません。

IMG_1057

IMG_1058

 

 

 

ヘッドライトケースもタンクと同色にペイント。

IMG_1149

 

 

 

 

ツブツブブラックのマット加減がフレームの艶を引き立てます。

IMG_1061

 

 

 

ライトステーも加工してヘッドライトの位置を調整しました。

IMG_1070

 

 

 

 

ウインカーやテールの位置も一応考えてステーを溶接しました。

車検もOK、バランスよく仕上がりました。

IMG_1064

IMG_1069

 

 

 

フロントサスをローダウン加工。

タンクのマウントも加工してあります。

純正タンクの塗装ラインがフレームのラインと一直線になるように取り付けました。

他にも細工してありますが割愛させていただきます。

IMG_1066

IMG_1054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックのお知らせ

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください