SR400 カスタムオーダー【カフェ】

SR400カスタムオーダーの紹介です。

一般的なカフェのスタイルですがどの角度から見てもカッコよく見えるように仕上げました。

カラーはブラックベースの2コートパールです。

パッと見た感じはブラックです。

光があたると濃紺のパールが輝きます。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1978 SR400 エンジンOH

今回は1978年のSR400のエンジンをOHしたいと思います。

1978年といえばSRの生まれ年。つまり一番最初のモデルとなります。

1978年に限っては500よりも400の方が珍しいです。

1998年と2005年に2回復刻されたモデルでもあります。

 

 

エンジンは不動の状態です。

ケース内が錆びており水が混入していたのかもしれません。

 

 

 

500のコンロッドは1978年以前のTTやXTと同じものを使用していますが400のコンロッドは2H6(SR400)で初めて採用されています。

 

 

 

コンロッドが逆に組まれているのが1978年の特徴で、ミッションなどもオリジナルの状態です。

特に問題もないので必要な部品を交換してそのまま使用します。

 

 

 

1978年の特徴はケースにもあります。

これは結構有名でご存知の方も多いと思います。

 

 

 

 

マニアックですが字体も1978年に間違いありません。

 

 

 

 

ピストンなどは新品を使用します。

 

 

 

3だけ字体が違うのが面白い、これもまた特徴的なシリンダーです。

SR500の場合、499の字体は同じです。

シリンダーは錆をウエットブラストで取り除きました。

 

 

 

バルブシートカット、研磨を行います。

綺麗な当たりのバルブを組むのは気持ちがいいです。

 

 

 

クラッチも状態が良くそのまま使用します。

 

 

ジェネレーターは錆が多いですが性能に問題が無いためそのままにします。

 

 

フライホイールは旋盤で錆を落とし研磨します。

 

 

これもまた1978年の特徴でもある、点火タイミングを変えることができるベースプレート。

 

 

 

43年前の車両ですがしっかりとOHすることでまだまだ走ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR400 カスタムオーダー【カフェ】

前回に続きSR400のカスタムオーダーを紹介します。

今回は【カフェ】です。

 

BSAタイプのアルミタンクにセパレートハンドル。

 

 

配線はハンドルの中に通しスッキリとさせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3