SR522スープアップとOH 其2

 

続きです。

SR522スープアップとOH 其1

 

今回使用するピストンはワイセコの89mm。

WPCやDLC処理を済ませて組みつけます。

 

 

 

カムシャフトはヨシムラST-1

 

 

 

OH前に組まれていたメガサイクルカム。

このカムシャフト、リフト量は一般的なハイカム程度ですがデュレーションが300°近くあります。

コスワースのハイコンプピストンに作用角の広いカム。

しっかりと組むには時間がかかりそうなメニューです。

今回は10:1のワイセコピストンにST-1カムですから、チューンとしては控えめになりました。

 

 

 

シリンダーなどを超音波で洗浄し、組んでいきます。

 

 

 

 

ボアが小さくなりますのでスリーブを製作。

 

 

 

細かい部品はウェットブラストです。

 

 

 

シリンダーヘッド。

イン側に残るデトネーションの跡。

圧縮が高すぎたのか・・・セッティングでどうにかなったのか、点火でどうにかなったのか私にはわかりません。

 

 

コスワースのピストンに合わせて少し燃焼室加工がされていますが、以前私がコスワースのピストンを組んだ時も同じような加工をしてあります。

SR500から534へスープアップとOH 其2

 

このようなシリンダーヘッドを目の当たりにすると、このエンジンも内部で悲鳴を上げていないか気になります。

最近ウオタニで点火を調整し、シャシダイチェックしました。

夏季など特に注意深くチェックしていきたいと思います。

 

 

 

デトネーションの痕跡を消すために面研します。

 

 

圧縮が上がりますのでギリギリでやめたいところです。

 

 

 

21/100削りました。

少し上がった圧縮はガスケットで調整します。

 

 

バルブのシートカットとポート清掃。

 

 

 

 

 

真鍮のテンショナーカバー。

偶然ですがセラコートの色とほぼ同じです。

 

 

 

 

 

 

出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください