SR522 エンジンのOHと塗装 其2

 

 

続きです。

SR522 エンジンのOHと塗装 其1

 

500の純正クランクシャフトは新品を使用します。

前回の記事で書いたミッションと一緒にケースに組み込みます。

 

 

 

使用するピストンはヨシムラ鍛造88mm。

これは元々使用されていたピストンで、再利用します。

スリーブは使用できませんので、入れ替えてボーリングします。

ピストン寸法が今までのヨシムラのピストンと比べてわずかに小さいので、それに合わせてボーリングします。

 

 

再利用といってもそのまま組み込まず清掃します。

 

 

シリンダーは最低限の上面研磨。

 

 

 

シリンダーの取り付け。

M6の六角ボルトが3本ありますが、最近これを締める工具を買い換えました。

正確にトルクを伝えることができるロングのヘキサゴンソケットが必要です。

以前は違うものを使用していましたが今回はマックツールにしました。

いい感じです。

 

 

バルブ研磨、シートカット。

 

 

 

 

最後にヘッドカバーの取り付け、と一気に組みたいですが・・・。

タコメーターケーブルを取り付ける箇所の固定ボルトのガスケットがありません。

このボルトは低トルクですので、すぐにナメてしまいます。

少しでも奥までボルトを回せるようにガスケットを抜いてあるようです。

今回はたまたま紹介しましたが、こういうことはよくあることで、いちいち突っ込みません。

今は大丈夫そうですが、この場所は後にトラブルが起きた時に直しにくいので、今直します。

 

元の写真を忘れました。

これが修正した状態です。

 

 

出来上がりました。

 

 

 

 

後はクランクケースカバーを加工して、始動して試乗して終わりです。

 

 

 

見える部分は一見純正ですが、セラコートのマグネシウムというカラーで仕上げました。

 

 

 

おしまいです。

慣らし頑張って下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください