SR522 エンジンのOHと塗装 其1

 

今回は既にチューンされたエンジンのOHです。

チューンされているということで、いつもと見るところが変わってきます。

腰下に不安があるということですので、しっかりとOHしたいと思います。

ついでになりますが塗装もします。

 

 

 

まず、当たり前ですが分解。

計測しながら、交換部品、修正するところなどを決めていきます。

 

 

塗装をしますので、洗浄、ブラストを念入りに行います。

この時に、面出し、ネジ穴の清掃も同時に行います。

 

 

ブローだけでは取り切れない色々なものが出てきます。

 

 

いつものようにミッションの点検もしますが、ギア抜けするということで、いくつかのギアとフォークを交換します。

古い年式ですといくつかのギアが生産中止になっています。

ここで歯数が同じだからといって適当に新しい年式のギアに交換するとトラブルになります。

組み合わせがわかっていると年式違いでも組むことができます。

 

 

ミッションの部品は高額ですが、先のことも考えて気になる部品は全て交換します。

これらの部品は、いずれ無くなります。

 

 

 

セラコートが終わったクランクケースはこのようになりました。

 

 

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR534のエンジンOH

 

今回のSRはエンジンのOHです。

元々534ccでしたが、お疲れのためにOHすることになりました。

 

 

いつも通りの作業ですが、ベアリング交換、ミッション点検など。

ミッションは一部摩耗のため交換。

クランクも『痩せ』がありましたので思い切って交換しました。

 

 

 

534ccだと通常のボーリングはできません。

スリーブを入れ替え、88mmに仕上げます。

510ccですね。

 

 

超音波で洗浄します。

 

 

ピストンはワイセコの88mm。

圧縮は低めです。

 

 

カムはノーマルでしたが今回はST1を使用しました。

 

 

 

エア抜きをきっちりとして始動です。

慣らし頑張ってください。

 

・・・で慣らしも無事終わり、快調に走っていましたが・・・。

続きがあります。

また気が向いたときにでも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

SR500 エンジンOHと522ccボアアップ、配線処理も

 

今回はギア抜けがするSR500のエンジンOHです。

後半に記述しますが配線処理もします。

 

 

 

話を聞いていると、ミッションやフォークが摩耗していると感じましたので分解することになりました。

オイル管理が悪く、ミッションが摩耗しているなら他の部分も同様に摩耗している可能性がありますので、しっかりと計測しながらOHしたいと思います。

オイルは少ないですが、どれくらいの期間や距離をかけてこの量なのか分かりませんので、比べるものがありませんのでここは深く考えません。

 

 

しかし、分解すると色々と分かってきます。

 

 

 

ミッションは想像通りの摩耗です。

 

 

 

綺麗になりました。これでもう安心です。

 

 

シール類、ベアリングなど交換し組んでいきます。

 

 

ピストンは89mm、522ccです。

 

 

 

シリンダーはボーリング&ホーニング後、超音波洗浄です。

 

 

 

 

 

 

OHはこれで終わりですが、ここから配線処理をします。

 

 

 

ハンドルも加工します。

 

 

 

使用しない配線を全て取り除きます。

最終的にこれだけになりました。

それでは慣らし運転頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックはこちら。

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています。

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3 4 30