SR400 F.Iスクランブラーカスタム

今回はインジェクションSR400のカスタムを紹介したいと思います。

メインは街乗り、でも少し林道や未舗装路を走りたい。

その希望を叶えるべくカスタムします。

 

 

タイヤはダンロップK87。

インジェクションタイプのノーマルと比較するとボリュームがあります。

 

 

 

リアサスペンションをヘイゴン製に交換します。

スクランブラータイプの特注品です。

スリムなボディがたまりません。

 

 

 

マフラーの干渉を防ぐためにステーを加工します。

スチール材でスペーサー製作とネジ切り。

ステーに溶接してマフラーをオフセットさせます。

写真はありませんが仕上げはパウダーコートです。

 

 

 

 

リアの自由長変更に伴い、フロントも延長します。

といっても延長するのは20mm。

この20mmが見た目のバランスを大きく変えるのです。

ジュラルミンで製作します。

 

 

 

 

ネジを切ったら旋盤からフライスに移動しヘッドの加工です。

 

最近インデックスのチャックを北川製に交換しました。

愛用している小さめのインデックスに合う中古チャックを長い間探していてやっと見つかりました。

ゴリゴリ削れるので作業が非常に楽になりました。

 

 

 

 

このような感じで20mm延長します。

 

 

 

繋ぎ目は以前に製作したカバータイプのライトステーで隠れます。

 

 

 

 

少し長くなったフロントフォークに合うようにフェンダーを加工します。

隙間をあけることで見た目の違和感がなくなります。

そのためのブラケットを製作します。

 

 

 

 

 

 

 

最後にサイドスタンドも延長します。

延長ついでに土の上でも安定して立つようにベタ足スタンドを製作してみました。

これも仕上げはパウダーコートです。

 

 

比較の写真です。

拡大したように見えるかもしれませんがタンクの大きさを比べてみてください。

 

見た目はもちろん乗り味も大きく変わりますがバランスよくカスタムすることで違和感なく乗ることができます。

 

 

 

 

 

 

SR400F.Iのループフレーム加工とシート交換

今回はインジェクションモデルのSR400のループフレーム加工とシート交換作業を紹介します。

 

 

タンデムバーやサイドバッグのサポートバーが取り付けできるようにループフレームを加工します。

シートはキャブレターモデル用を使用します。

 

 

 

 

旋盤とフライスを使ってシートがいい位置にくる部品を製作。

 

 

 

 

 

元々使用していたフェンダーを加工し取り付け。

 

 

自然な感じに仕上がりました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3 7