ウインカー取り付け

この歳で警察に追いかけられるのも勘弁というわけでウインカーつけました

後期型GTRなんで簡単に取り付けできます

バーエンドウインカーは嫌いですが手信号はちょっと・・

後、VESPAに乗ったキャラクターステッカーを探しているのですがなかなか見つからずとりあえず2枚

スペアはやっぱり外そうかな

エンジンのかかりが悪いときもありますがRALLYに比べればかわいいもんです

VESPA125GTR

VESPAといっても種類は豊富にあり1940年代のVESPA98に始まり1970年代の200RALLYで旧車と呼ばれるVESPAは生産を終了します

一般によく見かけるVESPAはビンテージシリーズといったレプリカやPシリーズといった少し機能性を高めたものです

 

私も当時最初はビンテージシリーズのET3に乗っており排気量も125でそこそこ満足していました

たまたま行った兵庫県の某SHOPで初めて125GTRという旧車を見たときの感動は今でも覚えています

 

そんな思い出のある125GTRを今回は手に入れました

オリジナルは数も少なくなってきており怪しい東南アジアの車両が増えていると聞きます

しかも今は逆にヨーロッパのVESPAマニア達がオリジナルのVESPAを探しているそうですが・・

 

これでVESPAは何台目か・・・・ 後期型GTRのエンブレム 未レストアで穴が開いていない車両は珍しい

塗装前にパーツを外している最中です 錆を落としていきます 外さないパーツはマスキングします

下地が完了したところ 乾燥後サンディングして上塗り開始 ハブやサスペンションも綺麗にします(ビガーノのハブカバーは昔RALLYに付けていたもの)

前期型のGTRエンブレム グランツーリスモって・・・その馬力なんと8馬力 見違えました・・・昔を思い出します

この大きさが旧車の魅力・・その名の通り【蜂】です ステーにも蜂のマークが

簡単にざっとこんな感じです

後期型でしたが外観はフェンダークレストなども前期型にしました

乗り心地はなかなか良く、意外に速い!

180RALLYや150SPRINTより速いかも

流石に200RALLYには及びませんが

 

あ、JOGに普通に抜かされますんで

 

1 403 404 405 406 407 420