ステップ製作など

これは何をしているのかと申しますと、

 

 

ステップバーを製作しています。

ローレット加工だと旋盤だけで大丈夫なのですがギザギザが恋しいのでフライスで加工します。

 

 

出来ました。

 

 

プレート類も製作しました。

 

 

セラコートとパウダーコートでブラック仕上げ。

 

 

 

取り付けます。

いい感じに仕上がりました。

 

 

 

同じ車体ですがウインカーステーも製作しました。

 

 

 

ここに付きます。

配線は下から逃げてもらいます。

 

 

これもブラック仕上げ。

取り付けて配線も通します。

配線を逃がす穴が長穴なのはトラブルがあった時にギボシやスリーブが付いたままでも簡単に脱着できるようにです。

 

 

 

後のメンテナンスのしやすさを考えてカスタムや加工をすることが多くなりました。

様々なSRのカスタム車を見て、私自身もカスタムをして今でも日々勉強しています。

今日は昨日よりもいい仕事、明日は今日よりもいい仕事。

そう心掛けて日々頑張っていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1978 SR500 フルレストア日記 vol.8

※概要※

【SR500 フルレストア日記】と題して、北米から帰国した不動なSR500を再生させたいと思います。

この連載ではレストアとはどのような作業なのかお見せしたいと思います。

 

 

前回はディスクローターやフロントフォークを触りました。

今回の足回り(後編)はホイールを綺麗にしたいと思います。

 

 

使用するブラストメディアは2種類です。

パウダーコートする部分は荒めのメディア、アルミ地を残す部分はガラスメディアです。

錆を落とさないと後に必ず塗装が浮いてきます。

剥離剤の使用や研磨はできませんのでブラストでしっかりと塗装と錆を落とします。

パウダーコートの性質上、マスキングは難しいですが色々と試した中で一番仕上がりが良好な方法で作業します。

 

 

 

フロントホイール。

 

 

リアホイール。

 

 

 

前回綺麗にしたディスクローター、新品のベアリングやオイルシール、タイヤを組み完成となります。

 

 

タイヤはトレッドパターンがビンテージなものを選びました。

 

 

このキャストホイールは前回少し触れましたが特徴があります。

SR400SP SR500SPのホイールは旭製の鋳造ホイールが採用されています(フロントディスク、リアドラム)。

輸出用はリアがディスクブレーキである事が特徴ですがこのホイールもまた旭製です。

 

 

 

ところが国内仕様と同じはずのフロントホイールの製造メーカーが違います。

神戸製鋼所製キャストホイール。

 

 

なぜ輸出用のフロントホイールだけ神戸製鋼所が製造していたのかわかりませんがまた一つ勉強になりました。

 

今回はここまでです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムはこちらから。

フォローお待ちしております。

instagram1

1 2 3 4 385