SR400からSR510スープアップとOH 其1

セラコート エンジン

 

今回のエンジンOH、スープアップは1mmオーバーサイズのピストンを使用し500クランクで510ccの内容となります。

耐久性とチューンによるパワーアップのバランスを狙った作業となります。

 

このエンジンはオイル食いが激しく、そろそろOHしましょうか・・・となったわけです。

IMG_0964

 

 

オイル上がり下がりのダブルパンチでした。

開けて分かったことですが昔のワイセコが入っていました。

90mmのピストンですのでここで予定が狂います。

ノーマルを1mmボーリングして88mmを入れるつもりがスリーブを作り直さなければいけないからです。

更にハイカムも入っていましたが摩耗が激しく、リフト量はノーマルよりも少ないといった状態でした。

バルブも摩耗があり、残念ながら使用はできません。

IMG_0967

IMG_0965

 

 

 

パーツを全て洗浄します。

約1日かかります。

IMG_0975

 

 

 

クランクケースやシリンダー、ヘッドなどは全てセラコート。

前回のXT600と同様のブラックです。

落ち着いた艶なのですがしっとり感があり高級感があります。

錆だらけの状態から見違えます。

IMG_0986

IMG_0985

IMG_0988

IMG_0989

IMG_0991

IMG_0993

 

 

 

 

ミッションは一度ばらしてチェックします。

こうしないと分からないことがあるためです。

IMG_1033

 

 

異音はありませんでしたがシャフトが焼き付いています。

外さなければ分かりません。

しかしですね、同じ作業を繰り返しているとなんとなく部品の雰囲気で分かるようになってくるものです。

IMG_1035

 

 

さて部品の状態は全てチェックしました。

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックのお知らせ

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています

 

XT600 エンジン腰上のOHと塗装 其1

SR400 エンジンペイント

 

珍しいXT600。

異国からお持ち帰りされたようです。

レストアのお手伝いをすることになりました。

まずエンジンの腰上をOHしたいと思います。

IMG_0612

 

 

 

このオートバイ知らない方も多いと思います。

エンジンはSRX600と型式は違いますが同じです。

SRX600は96×84で608ccに対しXT600は95×84で595cc

ストロークがSR500と同じ84mmなので排気量が馴染み深いです。

IMG_0617

 

 

 

SRが小さく感じるビッグボア。

シリンダーはピカピカ、リングもピカピカです。

元々黒かったであろうエンジンは見事にシルバーになっています。

IMG_0715

 

 

 

この部分欲しいと思う人、はーい。

IMG_0716

 

 

 

 

ピストンは0.5オーバーサイズが入っていました。

SRXの96mmを入れようと思ったのですが手に入りません。

ワイセコなどは色々種類がありますが、今回はあくまでもOHということで社外のピストンは使わないことにしました。

シートカットなどもしますのでヘッドも分解します。

IMG_0718

IMG_0720

 

 

 

 

スリーブは油がまわっています。

Oリングがあってもここからオイルが抜けることがSRX同様にありますので、スリーブは新たに製作します。

また組み立ての時にでも説明します。

IMG_0728

 

 

 

洗浄をして乾燥させます。

古いガスケットはマスキングに使用します。

IMG_0722

 

 

 

 

ブラストで下地をつくります。

IMG_0730

 

 

 

今回はセラコートです。

いい質感で見違えます。鈍く輝くブラックが何とも言えません。

IMG_0744

IMG_0745

IMG_0749

IMG_0747

 

 

 

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックのお知らせ

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています

 

SR400エンジンOH+500化 其1

 

SR400エンジンオーバーホールと500cc化

チューンはほとんどなしでオーバーホールメインでいきます

500のパワーを最大に生かせるように精密に丁寧に組みたいと思います

 

 

 

まず当然ですが分解

今回は苦戦しました

ボルトも滅多にないことですが折れました、いや折りました

溶接で時間をかけて引っ張り出しました

ヘリサートはできるだけ使いたくないです

 

シフトシャフトも抜くことができませんでした・・

DSC06005

 

 

 

 

ここから更にベアリングやスタッドなど分解します

DSC06006

 

 

 

 

洗浄します

DSC06459

 

 

 

更に洗浄、ここで完全に脱脂します

DSC06460

 

 

 

 

汚れが落ちると錆やら何やら目立ってきますね

DSC06461

DSC06462

DSC06463

 

 

 

ブラストで錆を除去

更に洗浄して・・・・・

今回はセラコートです

DSC06551

DSC06548

 

 

 

 

ヘッドカバーはリンクルレッド

DSC06547

 

 

 

 

そう、MJNエンジン

今回カラーサンプルで一番近い色を探したのでほぼ同じです

いい質感でかっこいいです

DSC06556

IMG_6553

IMG_6555

 

 

 

 

ボルト穴を全て掃除

IMG_6537

IMG_6535

 

 

 

 

高圧洗浄

IMG_6539

 

 

 

 

 

超音波洗浄

IMG_6543

 

 

 

 

 

エンジンのペイントをする場合はこれくらい洗浄しています

相当時間がかかるので何かいい方法を考えていますが・・

ここまでしてもブラストのメディアは完全には取れないと思っています

一応自分で納得できるまでしています

 

 

やっと組み立てが出来ます

楽しい作業です

・・・・続く

DSC06559

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックのお知らせ

ブログとは別に色々更新していこうと思います

ブログでは更新しにくい日々の出来事や動画など緩く楽しく更新出来たらと思います

マニアックな方々からのいいね!をお待ちしています

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5